ヘテムルの新機能クイック・フレームワークでCakePHP2.xをインストール

記事にするまでもないレベルで簡単なんだけどね。

でも記事にする。

利点

そもそもCakePHPのインストール自体、そこまで難しい訳ではないって話なんだけど、

  • フォルダの権限変更とか多少の手間
  • htaccessでPHPのバージョンやmod_rewriteとかheteml用に設定

この2つが省けるとやっぱり気持ち的に楽だなーと。

あともう1つ

  • めっちゃ速い!

これは使ってみてもらうしか。

やってみる

コントロールパネルからログイン

メニューから「クイック・フレームワーク」を選択

スクリーンショット 2013-06-21 16.55.54

CakePHPを選択してサブドメインの選択とドメイン以下のURLを設定

スクリーンショット 2013-06-21 16.56.27

※ドキュメントルートの「web」は要らないです。
※フォルダも自動で作られるので、先に作らなくても大丈夫。

パッケージを選択

スクリーンショット 2013-06-21 16.56.33

※普通のインストールか、サンプル掲示板付きのパッケージが選択できます。

インストールスタート(キャプチャを忘れるぐらい短い)

完了!

スクリーンショット 2013-06-21 16.56.46

アクセスするとページができてます。

スクリーンショット 2013-06-21 16.58.25

これは掲示板パターンで投稿してみた後の図。
この下に投稿内容が表示されてます。

あと

他に最近人気のFuelPHPと昔ながらのZendFrameworkもインストールできます。

PHPのフレームワーク試してみたい!って人にはすごく良さそう。
ヘテムルのコンセプト的にもそういうユーザー結構居そうだし。

で、わざわざ記事にしたのはこの後にbakeする方法に苦戦したけどどうにかなったっていう記事を書くから。

帰ったら書こう。

スポンサードリンク

WordPressが簡単・すぐに使える『レンタルサーバーheteml(ヘテムル)